浮気調査

浮気相談窓口調査ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫関係に終止符をうたせるには、明確な浮気の証拠をつかみ、双方に慰謝料の支払いを求めるのが驚くほど効果があるそうです。

 

不倫の相手のほうではさほど罪悪感を感じていないというパターンが多いです。慰謝料を求めることにより、自分たちがしでかしたことの償いをさせることができるでしょう。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を顧客に売却する探偵の行動が違法なのではと不安に思う人も少なくありません。

 

 

現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、業者の違法行為による被害を未然に防ぐべく施行されました。

 

配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、相応の額が必要です。平均的な調査料金ですが、不倫の調査などで20万前後(期間5日)はかかるとみておけば間違いありません。

 

 

 

時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、どんな調査でも概ね5、60万程度と考えていれば足りるでしょう。

 

 

ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるシーンなどは、はずせないです。

 

 

頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースが非常に多いです。

 

ちゃんとした証拠として使えるような写真を撮影しなければ意味がないので、探偵業者を利用したほうが賢明でしょう。
不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。気になるその支払いについていうと、古手の中堅以上のところでしたらクレカ払いや分割払いが可能という会社もあるようです。

 

すぐ不倫の調査を依頼したいのに、代金の都合がつかないという場合は、分割OKの事業者に依頼すると機会を逃さなくて良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気がばれると、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。不倫行為の証拠があれば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、50万くらいから何百万円までとかなりの違いがあります。支払いがつらければ、現実的な支払額になるよう相談するのも良いでしょう。

 

探偵御用達のツールとしては、かつては無線発信機を使用していたのですが、いまは高性能GPSの利用が進み、旧型の発信機と比べると明らかに調査対象の追跡性能がアップしました。

 

最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、よほど電波の届きにくいところでなければ対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。

 

これさえガッチリとつけることができれば、調査の精度はさらにあがります。不倫は家庭も人も壊します。

 

そのような中で傷ついた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。
プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。

 

浮気相手と二股かけられていたことで離婚しても異性に距離を置くようになったり、将来に対して消極的に考えてしまうという相談もしばしば聞かれます。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。

 

 

夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。

 

たとえば、相手を否定しないこととかですね。相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、家計のことで責めることもしません。家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、身仕舞いに気をつけ、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、夫婦円満で不倫もないと考えています。ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、浮気相手と共にホテルに入るところなどは定番中の定番といえます。個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、いざ写真を見るとうまく撮れていないことが多いです。
裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影しなければ意味がないので、探偵に依頼したほうが賢明でしょう。探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。会社概要等は、広告でも見かけますし、インターネットでも見ることができます。

 

相談してみると、どの程度の調査でいくら位のコストになるか概算を見積もってくれます。
そこまでなら無料のところもありますから、慎重に考えてから依頼することもできます。世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気は男ばかりじゃないはずです。
スポーツや自治会、子供関連と、女性だって出会いのチャンスはたくさんありますし、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。近年、浮気する女性の数が増えているのか、不倫調査で探偵社を訪れる男性は増えているようです。配偶者が不倫していたことが原因で当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、離婚調停にまで発展することは、けして珍しいことではありません。
裁判所から任命された調停委員が加わったうえで話し合いが行われるため、当人たちだけよりも比較的円満に話し合いが進められる点で体力的にも精神的にも助かります。

 

あまり怖がる必要はないでしょう。

 

浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気することもあります。
退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。
大抵の場合、前回の浮気での対処が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、累積として一層厳格な処置が大事だと思います。

 

性別にかかわらず不倫している人は、ウツが多いですね。

 

 

 

その背景にあるのは、常時精神的な負担があるということです。ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを感じることが多く、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。

 

 

 

そして、裏切られた配偶者もまた、メンタル面の病気になりやすいです。
行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。
あきらかな不倫の証拠というと、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるのは危険も伴いますし、その道のプロである探偵を利用することも候補に入れておくといいかもしれません。ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。

 

 

そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。
夫婦関係に嫌気がさしたからといって、気に入った相手と人生リセットだなんて、虫が好すぎると世間一般では思うでしょう。浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。もっと上手な解決方法を模索すべきですし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。冷静になって悔やんでも始まりません。
色々見ていくと、浮気相手と別れた理由でやはり一番多い答えは、配偶者への暴露です。

 

 

 

とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。

 

結局のところ、その道のプロである探偵に不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。

 

そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。

 

 

婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事は可能で、民法上でも認められた正当な権利です。
戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。
手続きとしては最重要なものだと思います。認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。

 

子供ができないうちに浮気をやめてもらわなければ今後の人生設計にかなりの不利益を被る危険性があります。
探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。
調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、調査対象にばれるようなことは、まずないはずです。

 

また、意外なところでは、調査を依頼したことでクライアントの挙動がいつもと変わった結果、気付かれてしまったという事例もあります。

 

調査完了日までは少なくとも、普段と変わらないようにしてください。

 

はからずもご主人の浮気が露見した場合、ベストな対応をするべく、気を鎮めるよう努めましょう。
いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚と慰謝料だのも考慮していかなければなりません。
相手と話し合いの場を設け、これからどうするかしっかり話を詰めておきましょう。配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との日常生活に飽きたという自己中心的な感情です。

 

また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫を美化してしまうところもあるようです。怒ったところで逆効果ということもありますから、二人でいる時間を作り、自分たちが何を我慢して何を求めているのか、問題点を確認しあうのが大事だと思います。

 

 

 

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。結構言い得ているのではないでしょうか。
もともと我が身のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯が知られた時点で最後だろうなと覚悟して生きていかなければいけないでしょう。

 

第一、不倫した相手と入籍するに至っても、いつまた不倫に発展するかと思うと心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。

 

 

探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。

 

 

調査会社への代金の支払方法ですが、比較的大手事業者であればクレジットカード払いやローンでの分割払いができるところもいくつかあります。早く浮気の証拠が欲しいけれども費用面が心配というときは、分割OKの事業者に依頼するのも手だと思います。

 

浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも重要な個人情報を晒すのは気が引けると思うのはよくあることです。
依頼が確定するまでの見積り段階では、個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも現在では増えています。でも、仕事として発注する場合は契約書を交わすことになりますから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは避けることができません。たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくること事体、ありえないことではありません。気になるのがその金額ですが、あちらが離婚しないか、したかによって差があります。その時点で離婚していないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、冷静になって、弁護士に入ってもらうほうが良いでしょう。浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。
追加費用を加算したりして高額な請求を行っている場合もあるようです。しかし、高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、必ずしも比例するとは言い切れません。

 

 

高いお金を払って、不倫の証拠が得られないという結末にならないためには、費用の相場を、契約を交わす前に調べておくべきです。

 

 

 

ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)からというのが少なくありません。

 

 

いままで連れ添ってきた仲として後ろめたさを感じるようになったり、W不倫の現実に嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。

 

 

また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、以前からの罪悪感もあって、別れることに積極的になるでしょう。
悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。相談に行っただけなのに事務所に足止めし、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は注意したほうがよいでしょう。
断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。普通の営業をしている探偵業者なら、けしてそのような行為はありません。
不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは思うような結果にならないかもしれません。

 

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することもあるからです。「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。

 

また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。

 

証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを防ぐために、しっかり調査しておくことは大事です。

 

 

フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。

 

 

相手にわからないよう追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、調査員は対象の動きを予測しておかなければなりません。
どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが「ごく普通の探偵」の業務です。

 

もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、あらかじめクチコミ等を調べておくことは欠かせません。

 

悪質なところだと、請求される料金の明細が不明確だったり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、割高な請求の心配もないわけですし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。
完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、きちんとした不倫の裏付けをとって、双方に慰謝料の支払いを求めるのが驚くほど効果があるそうです。たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちは悪いことをしている感覚はあまりないケースも多いですから、慰謝料請求という現実を見せることで、不倫の罪や現実を思い知らせるというわけです。

 

やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう始末の悪いもののようです。交際相手とのやりとりが見つかって、反省の態度は見せるのですが、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っているかもしれないのです。不審な行動に気づいたら、探偵を頼むなどして、ガッチリ浮気の証拠固めをして、決着をつけてもらいましょう。

 

 

本人たちにとっては遊びのつもりでも、自らがした不倫の償いは、高くて当然です。

 

とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで変わってくるとは思いますが、単純に離婚されるだけではなく、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。

 

 

不倫はバレたら最後。

 

相応の代償を払って償いの生活を送る羽目になるのです。